オンライン飲み会補助金制度が導入されました ~社員の感想も公開します~

こんにちは。レトリバ広報担当の市原です。
 

先日、TBSテレビ『Nスタ』、『はやドキ!』にてオンラインで社内飲み会を行う様子を紹介していただきました!

オンライン飲み会補助金制度が導入されました

レトリバは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため5/6まで全社完全リモートワークとなりました。

対面でのコミュニケーションの機会がなくなりましたが、引き続き社員のコミュニケーションが活発に行われるよう、昨日4/8にオンライン飲み会補助金制度が導入されました!
月に1人当たり最大3,000円が、お酒やおつまみ等の飲食費として利用できます。
 

TBSテレビ『Nスタ』、『はやドキ!』でオンライン飲み会の様子が紹介されました!

こんにちは。レトリバ広報担当の市原です。
 
4月2日(木)に放送されたTBSテレビ『Nスタ』(15:49〜)
4月3日(金)に放送されたTBSテレビ『はやドキ!』(4:25〜)にて、
製品企画部の橋爪が自宅でリモートワークをした後、オンラインで社内飲み会を行う様子が紹介されました!
 

f:id:retrievakouhou:20200403111108j:plain

f:id:retrievakouhou:20200403111114j:plain

 
レトリバでは2/18 (火) から全社的にリモートワークを実施しています。
リモートワークをしていると、同僚と気軽な雑談がしずらい状況ではありますが、オンラインでも楽しくコミュニケーションをとってます!
 
放送では、レトリバの和気あいあいとした楽しい雰囲気がお伝え出来たかなと思います。
 

5Gは生活をどう変えるのか? ~セミナー参加レポート ~

こんにちは。カスタマーサクセス部の鈴木です。

 

ついに5Gがやってきました! 

先日、KDDI株式会社様のセミナー「5G・IoTによるデジタルトランスフォーメーションの加速」に参加してきました。その内容を少しご紹介したいと思います。 

 

  • 高解像度画像のAI分析は5Gでどう変わるか 
  • xR(AR/MR/VR)を活用した作業支援は5Gでどう変わるか 
  • 5Gこぼれ話 

 

セミナー内容のご紹介に先立って、わかっているようで説明の難しい用語、デジタルトランスフォーメーション(DX)についてもおさらいしておきましょう。

続きを読む

ざっくり理解するためのAI基礎講座

レトリバのCOOの億田(@okudamasakichi)です。

今回の内容はざっくりとAI(人工知能)についてまとめました。 この記事はこんなことでお困りの方向けコンテンツです。

  • データで困っている(データが沢山あって困っている、種類が多くて何をしていいかわかっていなくて困っている)
  • オープンイノベーションの企画で困っている
  • AIとか新しい技術を使って社内の業務改善をやらなくてはならない

そんな人向けに情報をまとめました!

  • AI(人工知能)とは
  • AI(特に自然言語処理)が必要となる背景
  • AIが行うタスク
  • 言語処理でどんなことが可能に?

AI(人工知能)とは

正直に申し上げるとAI(人工知能)に明確な定義は存在しません。 松尾先生の著書でも語られていますが、人によって定義は様々です。
(出典)松尾豊「人工知能は人間を超えるか」

ここではすごくざっくり「コンピュータを使って人類の活動を代替するもの」と定義します。
多くのAIの定義では、人を超えるという目線も存在しますが、そこは外します。
なぜなら機械学習をベースとすると、どうしても人を超えるよりも人と同等を目指すという視座になるためです。

続きを読む

休校中の高校生~大学生の皆さんに見て欲しい!レトリバ セミナー動画まとめ

こんにちは。レトリバ広報担当の市原です。
 
レトリバではエンジニア・リサーチャ-が、自然言語処理機械学習・深層学習など技術に関するセミナーを毎月行っており、動画配信しています。
 

www.youtube.com  

新型コロナウイルス感染症対策のため、全国で多くの学校が臨時休校となっていますが、過去のセミナー動画の中から高校生~大学生の皆さんにぜひ見ていただきたい動画をまとめました!


  内職が要らないくらい分かりやすいディープラーニング入門 


内職が要らないくらい分かりやすいディープラーニング入門      

 

機械学習」を初めからていねいに


「機械学習」を初めからていねいに

 

黒猫先生と学ぶWord2Vec超入門


黒猫先生と学ぶWord2Vec超入門

 

音声認識入門


音声認識入門

 

 

速習!ベイズ推定


速習!ベイズ推定


速習!ベイズ推定 (後編)

 

 

 この機会にぜひ、レトリバのエンジニア・リサーチャーの知識、技術力について触れてください!

レトリバのリモートワーク環境

こんにちは。レトリバ広報担当の市原です。
 
 レトリバでは新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを鑑みて、従業員や関係者の皆さまの安全確保を目的に、 2/18 (火) から全社的にリモートワークを実施しています。
 
 
オンライン会議システムの活用など、ご理解・ご協力くださっている関係者の皆様には心より感謝を申し上げます。
 
レトリバは、創業時よりコアタイムなしのフルフレックス制度・回数制限のないリモート勤務制度を導入しており、
柔軟な働き方が可能です。
平常時より、リモートワークが多く利用されており、オフィス外から勤務を行うための環境が整っています。
傷病休暇制度もありますので、体調不良の際にも無理して出社する必要がありません。
 

blog.retrieva.jp

 

今回は、レトリバのリモートワークの実態をご紹介します。
続きを読む

「データ活用、支える技術と生まれるビジネス 〜プロダクトグロースを支えるデータとの向き合い方〜」 に登壇しました

こんにちは。カスタマーサクセス部アーキテクトマネージャーの舛岡(@hidetomasuoka)です。

発表から間は空いてしまいましたが、「データ活用、支える技術と生まれるビジネス 〜プロダクトグロースを支えるデータとの向き合い方〜」というイベントに登壇しました。

techplay.jp

資料はこちら

他のお二人の登壇者の話もとても興味深かったです。

DMM.comの石垣さんは、事業をデータにどう生かすか?

日鉄ソリューションズの大坪さんは、個人情報がはいるデータをどう事業にいかすかのお話しをされていました。

データが集められるようになりデータドリブンな経営はできるようになったが、 次のフェーズでみんな悩んで試行錯誤しているのだなーと勉強になりました。

レトリバでは一緒にデータに向き合い解決するために奮闘できるメンバーを募集しています! 「一緒に働いてみたい!」と思った方はリクルートからどうぞ!

第2回日本メディカルAI学会学術集会に出展しました

こんにちは。レトリバのCOOの億田です。
 
先週、1月31日~2月1日に東京ビッグサイトで開催された、
『第2回日本メディカルAI学会学術集会』の展示会場に弊社ブースを出展しました。
 

 
多くの方に弊社ブースをご来訪いただきありがとうございました。
 
f:id:retrievakouhou:20200205161632j:plain
f:id:retrievakouhou:20200205161710j:plain

 

今回、日本メディカルAI学会学術集会に初めて出展しました。
 感想としては、この領域は非常に注目を集めていました。
講演会場は満席で、立ち見の方がたくさんいらしたほど
サテライト会場でもたくさんの方がいらっしゃいました。
 
ポスターや発表内容を見ると、バイオの課題に機械学習を適用して検証したものが多かったです。
例えば、画像診断など医療機器で得た情報から診断するといったものになります。
言語処理の適用はカルテや論文の解析と行ったところの活用が見られました。
 
我々が行っている遺伝子の塩基を文字列処理技術の適用というのも、非常に大きな可能性を感じることができました。
 

『AI崩壊』は本当に起こるのか

こんにちは。製品企画部 プロジェクトマネージャーの山川です。
 
先週金曜(2020年1月31日)に公開された映画『AI崩壊』を観てきました。

wwws.warnerbros.co.jp

 
「AIが暴走して人間を襲う話だったら、AI業界にとって逆風だな・・・」といった職業病を抱えながら観ていましたが、その不安を裏切る内容でした。
 
AIなどの技術が人間より賢い知能を生み出すことが可能になる時点のことを「シンギュラリティ(技術的特異点)」と呼び、米国における人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイル氏が「2029年にAIが人間並みの知能を備え、2045年に技術的特異点が来る」と提唱しています。
 
これを「2045年問題」と言われており、世間ではノストラダムスの大予言(1999年に人類が滅亡する)かのように扱われています。
 
ただ、重要なのは、シンギュラリティが来る/来ないを議論することではなく、わたしたち(人)が変化していく世の中に適合していくことです。
 
畑を耕すのに鍬(くわ)を使っていたところにトラクターが出現し、人はこれまで必要ではなかった「自動車の運転ノウハウ」が必要になりました。
算数の計算をそろばんや電卓で行っていたところに、Excelなどの表計算ソフトが出現し、人はこれまで必要ではなかった「キーボードやマウスの操作ノウハウ」が必要になりました。
 
当たり前だと思って遂行している業務にも、AIが出現してくると、人はこれまで必要ではなかった「AIの活用ノウハウ」が必要になります。
 
今回の映画『AI崩壊』では、AIを活用する人の「目的」にフォーカスされています。
結局のところ、AIを扱うのは人であり、AIによって生み出されるメリットやデメリットを享受するのも人なのです。
 
「人の人による人のためのAIであるべき」を啓蒙していくことは、AIを提供する当社の社会的責任であると考えています。
 
レトリバでは、AIを通じて目指すべき社会に共感できるメンバーを募集しています!
「一緒に働いてみたい!」と思った方はリクルートからどうぞ!
 

「賢者の選択リーダーズ倶楽部」の例会に、弊社代表の河原が登壇しました

こんにちは。レトリバ広報担当の市原です。
 
先日、「賢者の選択リーダーズ倶楽部」の例会に、弊社代表の河原が登壇しました。
 
自然言語AIの最新動向のご紹介と共に、どのように業務に活用できるのかの事例と、皆様のビジネスでAI活用をするヒントをお話ししてきました。
 
当日のスピーチ内容が掲載されましたので、ぜひご覧ください!
 

kenja-club.com

 

レトリバでは共に成長できるメンバーを募集しています!

「一緒に働いてみたい!」と思った方はリクルートからどうぞ!