ギークフィード×レトリバ共催セミナー を開催しました!「不動産営業DX!今だから出来る”出来る営業”のノウハウ共有! 顧客との電話や会議の音声をAIで分析し、”攻めのQA”を整備!」

こんにちは。 レトリバ広報担当の市原です。

ギークフィード様との共催セミナーを11月25日に開催しました!

 

今回は「不動産営業DX!今だから出来る”出来る営業”のノウハウ共有! 顧客との電話や会議の音声をAIで分析し、”攻めのQA”を整備!」をテーマとして実施しました。

 

株式会社ギークフィード 製品・サービス事業部 YouWireセールス責任者 谷口 貴章氏は、お客様とのコンタクト情報を価値有るものに変える! 音声収集の最新テクノロジー」という講演タイトルで受注に繋がった「会話」や「駆け引き」をノウハウとして蓄積できるのか、そして、それらをどのように活用していくのか、不動産業界の実際の課題と事例、YouWireについてお話しました。

 

f:id:retrievakouhou:20211125170706p:plain

 

レトリバからはYOSHINA事業部 チーフ 平石 博丈が登壇、「顧客対応力を強化する、攻めのQA情報整備」という講演タイトルで、技術的な制約を踏まえた上で、対話から有用な情報を引き出す上でAIを用いるとどのようなことが出来るか、分析AI「YOSHINA」を使った事例を交えながらお伝えしました。

 

f:id:retrievakouhou:20211125170739p:plain

 

沢山の方にご参加いただきありがとうございました。

 

今後もさまざまなウェビナーを開催予定です。

ぜひホームページのお知らせをご確認ください!

レトリバの社内制度を紹介します:ビジネスネーム制度

こんにちは。 レトリバ広報担当の市原です。
 
レトリバには「お客様と共に歩む」、「まず、カタチにする」、 「助けよう、助けれよう」というバリューがあります。
「助けよう、助けられよう」は、一人一人のスタンドプレイよりもチームワークを大切にしようという価値観を表しています。


2020年よりチームワークの生産性を向上させるため、コロナ禍でも良好な人間関係を保つために、HRTの原則(謙虚、尊敬、信頼)の実施のためのレトリバ独自のルール「レトリバルール」を設定し、ルールの遵守を徹底しています。

本ブログでは、その中のビジネスネーム制度についてご紹介したいと思います。

  • ビジネスネームとは
  • レトリバのビジネスネーム制度
続きを読む

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展に出展します

こんにちは。 レトリバ広報担当の市原です。

 

10月20日(水)~10月22日(金)に開催されるスマートキャンプ株式会社様が主催するBOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展に出展します。

レトリバはYOSHINAリサーチをご案内させていただきます。

  • YOSHINAリサーチとは
  • YOSHINAリサーチの導入事例のご紹介
  • BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展
続きを読む

事例紹介:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様「コンタクトセンター部門への導入を皮切りに、 お客様一人ひとりのCX向上のための全社展開を目指す」

『YOSHINA』リリース前から意見交換や検証にご協力いただいてきた、あいおいニッセイ同和損害保険の緒方康夫様。

レトリバの鷺坂文野との対談を通じて、コンタクトセンターの応対品質向上にとどまらず全社的な品質向上を見据えたVOC(Voice of Customer)活用戦略について語っていただきました。

 

  • コンタクトセンター部門への導入を皮切りに、 お客様一人ひとりのCX向上のための全社展開を目指す
    • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 コンタクトセンター事業部 参与 緒方 康夫 様 プロフィール
    • 株式会社レトリバ 製品企画部 プロダクトマネージャー 鷺坂 文野 プロフィール
  • 年間100万件のお問い合わせを効率的・効果的に分析
  • 商品開発や業務改善など、他部門への展開を予定
  • VOCを通じて、保険という「お守り」のレベル向上を図る
続きを読む

事例紹介:日本トータルテレマーケティング株式会社様「労働集約型産業から、VOCを活用した高付加価値ビジネスへ」

「『YOSHINA』を知って衝撃を受けた」。そう語るのは、コンタクトセンター事業やBPO事業を展開する日本トータルテレマーケティングの山田和弘様。

7社の製品から『YOSHINA』を選定された経緯、そしてVOC(Voice of Customer)活用を通じて描く未来を、レトリバの板谷整彦が伺いました。

 

続きを読む

「消費者と真剣に向き合う企業を応援したい」 その想いを体現した、レトリバの新たな主力製品『YOSHINA』

自社の技術をより幅広く活用いただくために開発された、テキスト分析ツール『YOSHINA』

2020年6月のリリースから毎月のバージョンアップを経て、現在も進化し続けています。コンタクトセンターでの経験を通じ、企業のVOC(Voice of Customer)活用に課題を感じていたプロダクトマネージャー鷺坂文野が『YOSHINA』に込めた想いをご紹介します。

  • YOSHINA事業部 プロダクトマネージャー 鷺坂 文野 プロフィール
  • 自然言語処理技術を活かした新たなパッケージ製品を
  • 「分析は難しい」というマイナス体験をなくす
  • ちっちゃなことから世の中に活力を
続きを読む

ビジョン・ミッション・バリューを新たにを策定しました!

こんにちは。広報担当の市原です。

 

レトリバは2021年8月1日をもって、創業5周年を迎えました。

創業以来、「お客様の課題を解決する 」、「最先端の技術に挑戦する 」、「人への投資を惜しまない」の3つの経営理念に基づいて経営しています。

節目となる機に、新たに企業のミッション・ビジョンの変更、および新たにバリューを策定しました。 

 

レトリバのビジョン・ミッション・バリュー

ビジョン:

ことばを、知識に。

言葉を知識に昇華させ、叡智の活用を加速させる。

ミッション:

AI技術で、人を支援する。

AI技術で人を支援し、人が創造的な仕事に注力できるようにする。

 バリュー:

お客様と共に歩む

まず、カタチにする

助けよう、助けられよう

「課題解決」、「アウトプット」、「チームワーク」を大切にします。

 

バリューはレトリバが大事にしている価値や方向性をまとめたクレドをもとに策定しています。

レトリバはこれらの経営理念、ビジョン・ミッション・バリューを社員一人ひとりが大事にしながら、人を支援するAIの提供を通じて企業の生産性向上の実現を目指してまいります。

 

f:id:retrievakouhou:20210820153817j:plain

 

レトリバでは共に成長できるメンバーを募集しています!

「一緒に働いてみたい!」と思った方は採用情報からどうぞ

 

レトリバの社内表彰イベント開催レポート

こんにちは。レトリバ 広報担当の市原です。

 

2021年7月21日、レトリバの全社表彰式「レトリバアワード」をオンラインで開催しました!

 

レトリバでは期初となる7月の全社定例の際に、成功事例の共有、社員のモチベーションアップを目的として、社内表彰イベント「レトリバアワード」(以下「アワード」)を実施しています。

 

続きを読む

マツリカ × レトリバ共催セミナー を開催しました! 「商談化率をUPするインサイドセールスの『データ戦略』」

こんにちは。 レトリバ広報担当の市原です。

 

マツリカ様との共催セミナーを7月15日に開催しました!

 

今回は「商談化率をUPするインサイドセールスの『データ戦略』」をテーマとして実施しました。

 

続きを読む

好評いただいたウェビナーの動画をYouTube公開しました!

 

こんにちは。 レトリバ広報担当の市原です。

 

多くの方にご参加いただき、好評いただいた過去のウェビナーの動画を、新たにYouTubeに公開しました!

 

  • 住民等から寄せられた声を効率的に分析して改善提案をする手法(名古屋市×レトリバ)
  • AIと共に創る、2023年の顧客の声活用のあるべき姿とは
  • BPO事業の売上UP・コストDOWNにつながるテキスト分析の活用事例紹介

 

続きを読む