トラムシステム×レトリバ共催セミナー を開催しました!「通勤時間0分と対話テキスト活用で投資対効果を最大化させる クラウドコンタクトセンター運営セミナー」

 

こんにちは。 レトリバ広報担当の市原です。

トラムシステム様との共催セミナーを11月26日に開催しました!

 

今回は「通勤時間0分と対話テキスト活用で投資対効果を最大化させる クラウドコンタクトセンター運営セミナー」をテーマとして実施しました。

 

 

トラムシステム株式会社  鈴木康人氏は、「ACCSを用いたコンタクトセンターシステムでの業務効率化」という講演タイトルで、ACCSはクラウド型のコンタクトセンターシステムとして今どんなことが出来るのか、そこで叶えられる業務効率化についてお伝えしました。

 

レトリバからは製品企画部 プロジェクトマネージャー 山川 訓司が登壇、「対話テキスト活用のすゝめ~音声認識システムの投資対効果の示し方」という講演タイトルで、コンタクトセンターにおいて対話テキストの活用に至るまでのプロセスと見込まれる費用効果と弊社製品の事例を交えてお伝えしました。

 

沢山の方にご参加いただきありがとうございました。

 

次回は、

12/8にFRONTEO × Nextremer × レトリバ共催セミナー「コロナ時代、業務に活かす自然言語処理とは ~活用事例と最新サービスから学ぶDX推進の最適化~」

12/17にアイティフォー× NICE × レトリバ共催セミナー 「感性と調和させる先読みでオペレーター支援 ~過酷なリモート環境をケア~」

を開催予定です。

ぜひご参照ください!