音声認識システムとは?AIがもたらした進化の解説と活用事例の紹介

AI音声認識とは、人間が話した言葉を機械が認識し、文章化する技術です。

AI音声認識システムを導入することで、作業工程の自動化と時間短縮を実現し、業務効率化や生産性向上が期待できます。

この記事では、AI音声認識システム導入を検討している人に向けて、音声認識とは何か、どのようなメリットがあるのかなどを活用事例も含めて解説します。ぜひ参考にしてください。

 

音声認識とは?

音声認識とは、人間の音声などをコンピューターで解析して文章化する技術です。従来は統計データを用いた解析が一般的でしたが、技術の進歩により、AI技術の活用が広がりをみせています。企業や地方自治体、省庁のほか、日常生活でも活用されている技術です。

音声認識技術の身近な活用例

ここでは、日常生活でも触れる機会の多い、音声認識技術の活用例を2つ紹介します。

スマートフォンの音声アシスタント

スマートフォンに搭載の音声アシスタントには、音声認識技術が用いられています。人の声を認識して起動し、検索や音楽再生、天気予報の確認、対話、電話をかけるといった機能を、声だけで操作できます。Appleの「Siri(シリ)」や、Androidの「Googleアシスタント」などが有名です。

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、人の声を認識して、クラウドに接続する仕組みを指します。スマートスピーカーは、話しかけるだけで音楽の再生や天気予報の確認などの操作が可能です。AmazonのAlexa(アレクサ)をはじめ、ディスプレイを搭載したスマートスピーカーも誕生しています。

音声認識の仕組み

音声認識はどのように行われるのでしょうか。ここでは、音声認識技術の基本的な仕組みについて解説します。音声認識技術とAIの関わりについての詳細は後述します。

データ入力・変換

音声認識で利用するデータは音声です。マイクなどを用いて録音した音声データを入力しますが、この段階でノイズや雑音といった必要のないデータは除去します。また、コンピューターが認識できる形に変換してから入力するために、デジタル化も行います。

音素の特定

入力した音声データから「音素」を特定します。音素とは音の最小構成単位で、母音・子音・撥音の3つで構成されています。例えば、「あした」であれば、「a・s・i・t・a」と区切られます。このように、音声を音素で区切ったデータを作成して、単語の特定などを行います。

音声認識辞書により文章化

音素を文章化するためには、音声認識辞書によって処理をしなければなりません。音声認識辞書には、さまざまなモデルがありますが、基本は音響モデル・発音辞書・言語モデルの3つです。

 

音響モデルとは、音の周波数や強弱を把握するための統計データです。発音辞書は、音の組みあわせをもとにして単語化するためのデータ、言語モデルは単語のつながりをもとにして、文章化するためのデータです。

AIによる音声認識の進化

音声認識は、AI技術の発展によって進化を続けています。AI技術のひとつであるディープラーニング(深層学習)が、音声認識に用いられるようになりました。ディープラーニングとは、データ分析や予測などを自動で学習させて、特徴を抽出する技術です。この技術により、膨大な量のデータ分析が可能になり、音声認識技術の精度が大きく向上しました。

マッチングプロセス

音声認識辞書によるプロセスには、統計データが用いられてきました。しかし、ディープラーニングの登場により、膨大な量のデータを自動で処理・分析し、自ら学習して進化できるようになりました。音声認識辞書で行う一連の流れにディープラーニングを活用することで、文章化の精度が高まります。

AI音声認識でできること

AI音声認識では、どのようなことができるのでしょうか。ここでは、AI音声認識の活用例を紹介します。

音声のみによる指示

AI音声認識により、音声のみで機器の起動や操作が可能になりました。例えば、音楽を流す、インターネット検索をするなど、さまざまな操作が音声のみで行えます。また、パソコンなどの文章入力では、キーボードを使わずに音声による入力も可能です。両手がふさがっていたり、手が濡れていたりする場合でも操作ができるため、利便性が向上しました。

会話

人が普段の会話で用いる自然言語を処理する技術にも、AI音声認識の活用が進められています。自然言語処理技術が人とコンピューターとの会話を成立させて、普段の会話や文章の理解も進化し続けています。会話ができるサービスとしては、チャットボットやSiri、Googleアシスタントなどが代表的です。

聞き分け

AI音声認識は、聞き分けにも活用できます。例えば、人間では聞き分けられない音でも、AI音声認識は聞き分けが可能です。また、雑音が多い音声から、特定の音声のみを聞き分ける、人間が気付けない、機械などの異音を聞き取り、故障や異常などをいち早く関知するといったことにも活用されています。

書き起こし

人の手による文字起こしは、手間と労力のかかる作業です。AI音声認識では、会話を聞き取って文字化や文章化ができるため、作業の負担を減らせます。例えば、国会や議会でのやりとりを書き起こしたり、企業における会議の議事録を作成したりといった作業も可能です。発言をリアルタイムでモニター表示させるなど、幅広い活用が期待されています。

 

f:id:retrievakouhou:20210115134457p:plain

AI音声認識のメリット

AI音声認識にはどのようなメリットがあるのでしょうか。2つのメリットについて解説します。

業務効率の向上

AI音声認識では、議事録の作成、会議や打ち合わせなどの録音データの文字起こしを自動化できるため、手動で行う労力や時間を削減できます。電話対応においても、録音データのテキスト化のために行っていた入力作業が不要になり、業務効率化を実現できます。

入力等のミス軽減

事務作業のデータ入力を連続で行うと、疲労蓄積や集中力の低下が生じ、入力ミスや操作間違いが起こりがちです。AI音声認識の活用により、データ入力業務を自動化することにより、人的ミスを軽減できます。

AI音声認識のサービス事例

AI音声認識はどのようなサービスに活用されているのでしょうか。ここでは事例を4つ紹介します。

コールセンター

AI音声認識は、コールセンターにおいて、音声の文字起こし、問い合わせへの回答予測を可能にしました。人が行う作業工程を減らせるのに加え、1件あたりの通話時間も短縮できるため、対応件数が増加します。また、顧客の会話スピードや声色などから感情を分析し、クレーム防止につなげるといったサービスもあります。

議事録作成

企業で行われる会議や打ち合わせ、セミナーや講演会などの音声を録音して、テキスト化する作業にも活用されています。手動での文字起こしが不要になり、担当者の負担軽減や時間の有効活用につながります。また、音声データをテキスト化し、モニターに直接表示させる機能は、耳の不自由な人への対応にも役立ちます。

医療

医療現場では、電子カルテの入力を音声で行えるソフトが導入されています。複雑な専門用語も、話すだけで自動入力が可能です。また、看護記録や在宅医療のカルテ作成、紹介状などの文書作成にも役立っています。音声入力であれば、パソコン操作が不慣れな医師も、簡単に入力や文書の作成ができて、時間短縮につながります。

翻訳

音声をリアルタイムで多言語翻訳する機能も、AI音声認識の技術のひとつです。よく知られているものとしては、スマートフォンやタブレットに搭載されている翻訳アプリや、自治体窓口などにある翻訳タブレットがあります。また、旅行などの際に役立つポケット翻訳機は、外国語が話せなくても安心して旅行ができると人気です。

AI音声認識の課題

さまざまな分野で活用されているAI音声認識ですが、メリットだけではなく課題もあります。

方言やスラングの認識

AI音声認識は、方言や若者言葉、くだけた話し方やスラングなどは認識できないケースもあります。正確にテキスト化したい場合には、認識しやすいように、標準語ではっきりと話さなければなりません。

複数人数による音声

AI音声認識は、複数人が話しているデータのなかから、特定の人の音声のみを聞き分けるのは難しいといわれています。また、雑音やノイズが多い場合も識別精度が下がるため、可能な限りノイズを除去する必要があります。

まとめ

AI音声認識を活用することで、音声による端末操作、音声データのテキスト化、文字起こしなどを自動化できます。それにより、業務効率化や人的ミスの軽減が見込めます。

 

株式会社レトリバでは、課題解決に直結するプロダクトを提供しています。AIソリューションのプロが、自然言語処理AIを誰にでも使いやすい形にして、テキストデータ分析をサポートする製品からコールセンターにまつわるソリューションまで、大きく6つのジャンルで展開しています。AI音声認識導入を検討しているなら、ぜひ一度お問い合わせください。

 

AI、自然言語処理に関するお問い合わせ